インストラクターのブログ
フィットネスインストラクター木田麻美のオフィシャルブログ
フィットネスインストラクター木田麻美のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 未分類 > 見ている以上に見られているという事☆

見ている以上に見られているという事☆

  • 投稿日:2015-10-16(金)02:26
  • 最終更新日:2015-10-16(金)02:26

こんばんは(*^。^*)

木田ちゃんです。

今年の初旬ごろに樋口先生のもとでの養成コースの全過程には参加できていませんが、

基本を見直すべく、受けさせて頂きました。

 学生さんに混ざりながら養成コースは新鮮で、気付きも多く、その後の自分の

レッスンスタイルは大きく変化しました。

 そして今期また養成コースをスタートするという事で初回の今日はぜひ、伺いたいと思い、

札幌へ向かいました。 

  なぜ、養成コースを受講したいと思ったか?

一人一人自己紹介しながら想いを伝えてくれました。

 4人の養成メンバーですが、一人来られず・・・(>_<)

3名の仲間の想いを聞きました。

 みんなインストラクターに憧れを持っていて・・・。

インストラクターにあこがれを抱いてこの世界に挑戦しようと思ってくれた人たちが居ることがうれしかった♪

ホントに。

 カッコいい~♪とか、素敵~とか憧れを持ってもらえても、実際同じ仕事をしたい・・・

そして、それを行動に移せる人は少ないです。

 

 札幌はスポーツクラブが多く、インストラクターと言う仕事の需要が多い風に感じます。

苫小牧から見ればね♪

 苫小牧はフィットネスインストラクターが活動できる場所。。。スタジオレッスンをクラブでできる場所が限られます。

 私自身も普通のインストラクターさんと比べたら、スタジオレッスンは少ない方です。

  私が一緒に学んだ時の仲間もそうでしたが、いざ学んで学生を卒業した後、実際働くとなると

どう言う感じで働くのか・・・正社員なのか・・・フリーなのか・・・副業なのか・・働けるのか?

不安になります。

私は専門学校に行っていないので、高校卒業後すぐに社会に出ましたが、

 自分の道が最初から定まっていたわけではなく、夢がちゃんとあったわけではなく・・・

ただ漠然とイメージやプランがあるくらいで。。。

それも少しずつ変わっていったりして・・・・。

そんななか、こうしてこの仕事に明るい未来を感じて、理想を持って入ってこようとしている人が

居てくれること・・・

 私たちはお客様をみてますよ(*^。^*)と言いますが、それ以上にお客さまはインストラクターを見ているという事。

 

よくわかりました。

だからこそ、ちゃんと学ばなきゃいけないし、伝えなきゃいけない。

 フィットネスインストラクターの仕事は人を幸せにする仕事だと思っています。

  責任重大だと思っています。自分の言葉一つ、動き一つでそれを見た人のその後の人生が変わると言っても過言じゃないと思っています。

だからこそこうして学びに来ようとした人が居るわけで・・・。

フィットネスインストラクターはその人のその人らしさを引き出す役割とも思っています。

元気を与えるというよりも、元気を引き出してあげる。

その方の持っているものを思い出させてあげる。元の状態に戻してあげる。

無理に過剰に提供してもあとで日常に戻った時に、それ以上にマイナスになっちゃうかも・・・・・。

だから無理やりじゃなく、その方その方の心からの楽しさ、本来の健康を取り戻してあげたい。

  笑顔は、笑え笑えって言って笑うモノじゃなく、自然にわき出てくるのが笑顔なわけで・・・。

だからこの仕事はとてもやりがいもあるし、直に変化をみられるし、その分責任もある。

インストラクターになりたいという人が増えたら、幸せになる人が増える♪

 インストラクターは素晴らしい仕事だと思ってもらえたらうれしい。

そう思ってもらえるように、キラキラし続けたいし、ちゃんと、ちゃんと成り立つって言うのを

身を持って伝えなくては・・・・。

改めて思いました。

行って良かった・・・・。

 

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

ホーム > 未分類 > 見ている以上に見られているという事☆

NO BRAND Web Shop
カレンダー
« 2017 年 4月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク
QRコード
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る